「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」はアトピーっ子にぴったり!

アトピーっ子の肌は乾燥している


乾燥してガサガサ・湿疹で赤く腫れてしまった肌。

かきむしる様子はママとして可哀想でたまらないものがあります。

アトピーっ子を持つママにとっては今更・・・かもしれませんが、アトピーについておさらいをしてみましょう。

アトピー肌の特徴

アトピー性皮膚炎は、乳幼児特有の病気で、だいたい肌の強くなる10歳位には治るといわれてきました。 でも、実際には大人になっても治らない人や大人になってから症状が出てしまう人、大人になって再び出てしまう人も沢山いるようです。 具体的な症状としては

●水分が少ないカサカサした乾燥
●皮膚が乾燥してめくれ上がってフケのように落ちる
●赤く腫れる
●ブツブツ
●かさぶた
●ただれ
●皮膚の硬化

などです。

 

年令によって変化する

アトピーの症状は年令によっても変化があります。

1歳未満
乳児期は腫れやブツブツ、湿疹が出来やすいのでアトピー性皮膚炎と判断するのはまだ難しいです。

1歳~15歳
皮膚が全体的に乾燥状態。関節の内側は発疹やゴワつきがみられることが多くなり、アトピー性皮膚炎の症状が一番出やすい時期です。

16歳~
上半身を中心に皮膚のゴワつきが悪化したり色素沈着も起こりやすいようです。

アトピーの原因

アトピー性皮膚炎の原因は主に2つあると言われています。

アトピーの原因その1【乾燥】
それは乾燥です。 アトピーっ子の皮膚の特徴として、保湿成分のセラミドがもともと体質的に少ないために肌が乾燥状態になっている事が多いようです。 肌が乾燥していると、肌のバリア機能が下がって様々な刺激に弱くなってしまいます。 その刺激で「かゆい!」となり掻いてしまい、またまたバリア機能が下がって・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

アトピーの原因その2【環境】
乳幼児の間に多いアレルゲン(アレルギー因子)は食べ物とダニのことが多いようです。 3歳くらいになると、食べ物よりもダニや花粉の刺激が大きな要因となります。 食べ物の3大アレルゲンは卵・牛乳・大豆です。 また、汗や化学物質・ストレスなども関連していますが、「繰り返して掻く」その行為そのものも要因になるので注意してあげてください。 病院の検査によって原因物質を特定することもできるので試してみると良いかもしれませんね。

ママとしてしてあげられること

我が子のカサカサの肌や痒そうにしている姿はとっても辛いですが、ただ見ているわけにはいきません。 ママとして少しでもしてあげられることを探しましょう。

病院に行く

ちょっとカサカサしている程度ならまだ良いですが、ブツブツした湿疹やただれ・掻きむしりなどがあるなら病院へ連れて行ってあげましょう。 皮膚科での治療法として一番摂り入れられているのは、外用薬です。 ステロイド外用薬か免疫抑制外用薬が処方されます。 また、内服薬として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が出されることもあります。 薬ではありませんが、スキンケア剤としてワセリンなどの乾燥防止のための保湿剤やクリームもあります。

スキンケア

アトピー肌は肌の水分が足りずカサカサした状態。 ちょっとした刺激ですぐにかゆくなってしまいます。

そのためには、まずは清潔に保つのはもちろん、石鹸類もできたら敏感肌用などにかえてあげるのが良いと思います。 タオル類も肌に負担のかからないやわらかい綿などが◯。 そして入浴後は素早い保湿が命です。 お風呂上がりの肌からはどんどん水分が蒸発していてしまいます。 すぐに保湿剤を塗ってあげてください。 どんなに遅くても5分以内を心がけてください。

その他

その他に気遣ってあげたいのが
●爪を短めに切る
伸びた爪では掻いた時に皮膚を傷つけて悪化を招きかねません。 短く清潔に! まだ小さいならガーゼを巻いてあげたり手袋をかぶせてあげる方法もあります。
●室内や布団を清潔に
アトピーの原因にダニもあります。 室内はもちろん布団も清潔にしてあげてくださいね。
●服
ニットなどチクチクする素材は刺激となってかゆみを強めてしまいます。 低刺激のなじみのよい素材の服がオススメです。
●食事
アトピー症状の緩和には腸環境を整えてあげるのが早道と言われています。

というのは、肌と同じように腸も外から(食べ物)の刺激を直で受けて全身に影響を与えます。 そのため腸内環境を整えるような昔ながらの和食にすることで、アトピー症状を和らげてあげられます。 でも和食でなくても 手作りの料理+ママの愛情が一番です。

「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」がぴったりなワケ

砂糖のパワーでばっちり保水
「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」は乾燥してガサガサになってしまった肌へ、砂糖のパワーを利用して水分を皮膚の奥深くまで浸透させようという商品です。 アトピー対策はなんといっても潤いです。 スプーン一杯の「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」とスプーン1杯分の水をペースト状にしてからやさしくやさしくなじませてあげてください。

生後2ヶ月のベビーちゃんも
また、生後2ヶ月頃からの赤ちゃんは急激に皮脂量が減ってしまいカサカサしやすくなります。 そんなベビーちゃんにも沐浴のときに「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」を使ってやさしくマッサージしてあげてください。

ベビーちゃんから大人まで

「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」がベビーちゃんから大人までみんなが使えるのは、
●着色料不使用 ●合成香料不使用 ●防腐剤不使用 ●植物由来の原料 ●パッチテスト済み ●放射能試験済み

だから。 安心して家族どなたでも使用できるのも「みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜」の魅力のひとつです。


Copyright (C) 2017 みんなの肌潤糖(旧奇跡の肌砂糖)楽天・Amazonよりも安く買う裏ワザ All Rights Reserved. 運営者情報
外為ジャパンの口コミ